2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ソチってます。

私のバイトも1年で1番忙しい時期がやってきます。
人手不足でかなり大変なことになりそうですが・・。
今月まだ1回しか休んでません。次もいつ休めるのか未定。
しかしオリンピックは見たいので、疲れていても眠い目をこすりテレビの前で応援。

私は夜中に目覚ましをセットして頑張って起きて見てますよ。
夜中に一人で拍手したり「ああーー!」と声をあげたり盛り上がってます。

北海道出身の選手が多く出ているので応援にも力が入ります。
高梨沙羅ちゃん、がんばったよね。4年後楽しみにしてよう!
4年後でも21歳かぁ・・。若いってステキね!

もう若くない私も、これ以上シミ・シワが増えないように手入れします。
DSC02555.jpg
100円のパックをしながら、コンビニで値下げになった100円北の誉を飲む夜。

DSC02556.jpg
心身ともにリラックスして良い効果が出るでしょうか。


スポンサーサイト

| 独り言 | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

支笏湖温泉いっぱーく!!

バイトが忙しくなる前にどっか連れてってくれー、としつこく頼んで1泊してきました。

DSC02544.jpg

支笏湖って札幌から意外と近い。今思えば近場で済まされたのか・・?
DSC02545.jpg
入り口を進むと・・。

DSC02546.jpg
わっかるかな~?わっかねんだろうな~。
1本の木から削って作ったミミズク。(フクロウだったかも。)
いたるところにアイヌ文化を取り入れた造りになっています。非常にステキ。

近づくとこんな顔。目がアニメっぽい?足が筋肉質ですな。
DSC02547.jpg
通路にはキツネと思われる足跡もありました。THE北海道ってかんじ。

DSC02512.jpg
ウエルカムドリンクならぬウエルカムプリン!!
お土産にも買ってきたけど、自家製味噌を使った和風なプリン。相方に一口だけ食べさせて2個とも食っちまいました。1個420円なら安いよね?器代を考えても・・。
そして着くなりビール飲んでます。部屋においてあったこのグラスが薄くて軽くてすっごい飲みやすかった!大きさも丁度良くて持って帰りたかったな・・。


DSC02510.jpg
部屋にはー、支笏湖を眺めつつのー、露天風呂!!うちにも欲しいな!!
うちのベランダにはビニールプールも置けないけどね!

今の時期は支笏湖で「氷濤まつり」って催しをやっているんです。
はっきりいって私としては「このクソ寒い時期になんでわざわざ氷の塊を見に行かにゃならんのだ。」という考えの持ち主なんですけど(雪祭りもスキーも興味ナシ。道民でもきっとそーゆー人いっぱいいるはず!)
「氷濤まつり見るべし!!」と断言させていただきます。

DSC02525.jpg
いやー、甘くみてたよ、氷濤まつり。写真じゃキレイさと迫力と寒さが10分の1も伝わらないのが残念ですが。

DSC02518.jpg
DSC02516.jpg    
寒くて表情も凍ります。

DSC02520.jpg
天気が良いと寒い。寒いほど冬の景色は美しいのです。しょんべん小僧もびっくりの噴出しっぷりです。

DSC02532.jpg
苔の洞門」をイメージしています。

DSC02530.jpg
幻想的・・。

DSC02534.jpg
バケモノみたいに見えるけど私です。身長165センチくらいなんですが、全体の大きさをわかっていただけるでしょうかね?

DSC02531.jpg
天井を見るとこんな感じ。ライトが緑色なんじゃなくて、自然にこういう色に映るんデス。

DSC02533.jpg
よーーくみると枝が見えます。葉っぱの先まで凍らすのは大変そう。

DSC02529.jpg
こーゆーのよくある。雪祭りでも見ますね。何を意味しているのかさっぱりわからんけど。

DSC02536.jpg
何箇所も氷のカマクラ、いやドームがあります。私より相方のほうが楽しんでずんずん先に進んで行きます。
「今ここが崩れても、あのオッサンなら割って出てきそうだな」と思いました。

DSC02521.jpg
ご利益あるのか・・?壁中小銭がひっついてる。さすがに札はなかった。
つーかここにも魚が・・。

DSC02522.jpg
何を願ったか知りませんが叶うといいね。私があげた10円で。

DSC02526.jpg
すぐ横に湖があるせいか体感気温はマイナス4度なんてもんじゃなかったッス・・。

DSC02539.jpg
よじ登った景色も圧巻でした。個人的には雪祭りよりキレイで感動したなー。

DSC02514.jpg
機会があればぜひぜひ行ってみてほしいー!(顔をはめずにはいられない。)


歯の根もかみ合わなくなってきたのでホテルに戻りましたよ。
体が冷え切って風邪ひきそう。
栄養補給の時間です。
DSC02554.jpg

夕食はビュッフェでした。何往復したかわからない・・。そしてメニュー多すぎて何食べたんだか・・。ビールは飲んだ!夫婦、カップルのお客さんは外の景色を眺めれる窓際に横並びの席へ案内されたんだけど。
DSC02553.jpg

景色なんぞ見ることなく、目の前の皿ばっか見てましたよ。相方は「バイキングなの?」と何度も聞いてたけどバイキングじゃなくてビュッフェですから。オイ、誰だ?刺身と天ぷらの盛り合わせにしたヤツはー?!
DSC02552.jpg

えー、たらふく飲んで食って元とって大満足でしたよ。
今までで一番ハイレベルなホテルでございましたわ。特に気に入った場所がフロント横の休憩ラウンジ。
DSC02551.jpg
この日はパラグアイ人の顔のちっちぇーカワイコちゃんがハープの生演奏をすぐ横でしておりました。
暖炉の横で本を読んだりゆったりまったりできるんです。うちにも欲しいな!絶対無理だけど!

DSC02548.jpg
自由にマシュマロ焼いて食べれるんです。ハイジみたいな世界だ・・!
もうここに住みたい!帰りたくない!って何度叫んだことでしょう。



しかし夢の時間はあっとゆーまに過ぎ去って、嫌でも現実に戻されるのです。
DSC02507.jpg


DSC02508.jpg
あれ?夢だったのかな・・?


| 呑・喰 | 22:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |