2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

借りてみました酸素室。


頑張ってます。

ちょっとでも楽になるかな?と思い一週間前から酸素室をレンタルしました。
これがなかなかお安くないお値段でして・・。
契約金5千円、搬入設置5千円、返す時も5千円、レンタル料1日1,500円(一か月上限2万ちょい)
しかし入院させることを考えたら自宅で好きな時に酸素室に入れてあげれば安いもんだ。
なによりバレンの体が楽になれば。
(相方がレンタル店まで取りに行ってくれたので搬入設置費はかかりませんでした。)

P6240018.jpg
ちなみにテルコムというメーカーのものです。
電源を入れるとけっこううるさい・・。猫たちもびびって近寄りません。

P6240019.jpg
中に入ってる本人は聞こえてないのか気にならないようです。

先週、最後のつもりで北大に検査をしに行ってきました。
結果次第では今後の治療をどうするのか決めねばなりません。
車に乗せるのも検査を受けるのも負担になることはわかっていましたがこれが最後です。

結果は、数値自体は良くなっていました。
心配していた膵炎も十二指腸も治っていた。
でも食欲廃絶。
先生に言いたいことをすべて伝えました。
先生は頭を抱えておりました。
あまりにも悪いところが多すぎて、これをひとつひとつ原因を探るにはまた検査をしなくてはならない。
麻酔をかけてあちこち調べたらわかるかもしれない。
でも今のバレンにはそんな体力も残っていないし、そこまでする必要があるのかどうか。
原因がわかっても完治するのは無理。
こんなに頑張らせてもうこれ以上大変な思いをさせる必要はないと思う。
先生はすごく言葉を選んで私たちに説明してくれました。

検査をして「良くなってきているからこれからはこーゆー治療をしてみましょう!」と前向きな結果ならバレンにも
もう少し頑張ってもらうつもりだったけど。

もう病院でやってあげれることはないのだ。
私も先生と同じ意見だし、もうこれ以上無理はさせたくない。
脱水にならないよう自宅で毎日点滴して、緊急以外は病院に行くのはもうやめようと思います。

P6240023.jpg
自分から食べなくなって一か月以上がたちました。
うんちも2週間以上出てません。
大好きだったキャベツもヨーグルトもおやつも食べようとしてくれません。
普段あげないパンもお米もアイスも魚の煮つけも何もかも拒否。
何かコレだけは食べる!ってものがあればいいんだけどなぁ~。
参考にと思いありとあらゆる飼い主さんの闘病、介護ブログを見ました。
みんな大変だなぁ、でもわんこにゃんこたちは愛されてるなぁと。
そしてみなさん書いているのは「闘病している本人の前では泣かない!明るく過ごす!」
これって一番大事なのかも。
わかっているんだけどついついメソメソしてしまう。
この子たちはちゃんと人間の感情を理解しているんですよね。

P6240020.jpg
「そこいらの空気読めないニンゲンよりよっぽど理解しているんだぞ。」
そうね、ごめんね。

P6240022.jpg
流動食を食べさせると嫌がって汚すので赤ちゃん用のヨダレかけをつけてみました。

P6240021.jpg
「ヨダレかけじゃなくてスタイって今は言うんだぞ。」

自分で起き上がることはできなくなりましたが、まだ立っておしっこしようとします。
酸素室に入るようになってからちょっと(10歩くらいだけど)歩く時もあります。
流動食も1日10cc程度しか飲めなくてフラフラなのに。

動物ってスゴイなーと改めて思いました。
この子たちに学ばされることは日々あります。


これからは無理させず少しでも楽になるよう過ごしていこうと思います。

スポンサーサイト

| ペット | 17:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛する家族。


現在のうちのバレン。
食欲不振になり3週間。あいかわらず何も一切食べようとしてくれません。水も飲みません。
もちろん毎日点滴。通院が大変なので最近は持ち帰って自宅で点滴してます。
最近気づいたのですがかかりつけの病院で点滴をしてもらうと1回4,000円ほど。
しかし自宅で私が点滴をすれば半分の費用で済みます。
どんなに愛情があっても治療費がかさむとやってあげたくてもできないこともあるとおもうんです。
時間や交通費なにより患者本人の負担を考えると自宅でできるのならやったほうがよい。
かわいい我が子に針をぶっ指すのは正直おっかないですが、慣れればなんとかなるものです。


強制愛情給餌も引き続き行っています。
しかし全く呑み込んでくれないことも多々あります。
ほんの5cc程度しか飲ませれないこともあります。
体重もこの3週間で1キロ落ちました。骨も浮いてきました。
今まで鼻が詰まるなんてことなかったのに、詰まって苦しくて寝れないんです。
加湿器を置いたり赤ちゃん用の鼻の吸引器を買って使ってみたりしていますがあまり変わりません。
床ずれにならないように2〜3時間ごとに寝返りをうたせます。持ち上げるたび力が入らない体がグニャリと曲がります。

かなり厳しいです。
体温も低いし震えは止まらない。
胆嚢粘液嚢腫は治る病気ではないです。
まして内科療法での改善はほぼ無理。でも手術もできない。手術しても術中や術後の死亡率が高い。
このままでも胆嚢破裂や腹膜炎になる可能性も高い。そうなるとものすごく痛くて苦しむことになる。

毎日頭の中で葛藤しています。
何をすれば一番この子のためになるのか。
毎日点滴してるけど、これもただ延命しているだけで苦しい時間を延ばしているだけなんじゃないのか。
吐き気がして食べたくないのに無理やり食べさせるのは拷問なんじゃないのか。
必死にこの子の為にと思ってやってることもただのエゴなんじゃないのか。
喋れたらどうしてほしいか教えてほしい。
悩んで泣いてまた悩んで頭が痛くなっての繰り返しです。
食欲増進剤も数日飲ませてみましたが何も変わらず。飲ませるときすごく嫌がるのでもうやめました。

食べれなくて痩せてフラフラなのにおしっこしたくなったらなんとか起き上がろうとしてトイレで用を足す姿を見ると涙が出ます。
もうそんなに頑張らなくていいんだよ。漏らしたっていいんだよ。誰も怒らないよ。

もうこの子に「ガンバレ!」なんて言えなくなってきました。だって十分頑張ってるんだもん。
今までだって何度も苦しい思いをしてきたのに、神様はいつまでこんな状況を続けるんでしょう。
なんでこの子ばかり。代われるものなら代わってあげたい。半分でもその辛さを分けてほしい。
きっとこんな経験している人はたくさんいるんだろうな。みんなどうやって決断しているんだろうな。


ああ、今日は特に落ち込みがひどいです。
私も寝不足のせいか体調を崩しております。
いかんいかん、しっかりせねば。

P6170015.jpg
おまえのその食欲と腹の肉をバレンに分けてやってほしいよ、ホント。

P6170013.jpg
あんたたちはずっと元気で長生きしなきゃね。



しばらくブログお休みするかもしれません。

| ペット | 20:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バレン日記。その4。


昨日大学病院で検査をしてきました。
な、長かった・・・。
朝の9時に預けて終わったのが14時すぎ。もうバレンも私たちも疲れ切りました。

結果は心配していた腫瘍ではありませんでした。

胆嚢粘液嚢腫というやっかいなものでした。かかりつけの病院でエコーを見たときに粘液嚢腫なんじゃないかなぁと思っていたら的中してしまいました。
そして膵炎、腎臓の嚢胞、腎臓の石灰化、十二指腸の炎症、副腎肥大・・もうあちこちガタガタです。

P6090007.jpg
ただ数値は10日前よりはだいぶ改善されていました。点滴が効いたのでしょうか。

若くて元気なら胆嚢を取ってしまえば完治するそうです。
もちろん今のバレンは手術なんて到底できません。術中や術後の死亡確率も割と高いそうです。
悪化すれば破裂してしまうことも。

先生もどうしましょうか・・とちょっと困った様子。
薬で治るものでもないし、進行を遅らせる方法もないしどうしたもんか。

ひとまず食欲が出るように胃腸薬と吐き気止めを飲むことに。
徐々に元気になってくれればいいのですが、胆嚢に爆弾を抱えたまま生きていくことになりそうです。

ちなみに
P6090008.jpg
今回も私がぶっ倒れそうな金額でした・・。





| ペット | 11:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バレン日記。その3。

点滴8日目。
この日の夜中、10日ぶりのウンチが出る。しかも真っ黒い。最後のほうはタール状の便。たぶん出血しているか腫瘍の可能性が高い。本人もつらそうでまた悲しくなる。
食欲もないし水を飲ませてもむせそうになる。
先生にお願いして点滴をもらってきて夜は自宅で私が点滴を打つ。あぁ、またこんな日がくるとは・・。
針を刺してもびくともしない。まぁ普段からおとなしいけど動く気力もないのかな。
IMG_1868.jpg
洗濯干しが点滴をつるすのにちょうどいいことに気づきました。
部屋が散らかってるけどお気になさらず・・。


点滴9日目。
前日の夜も点滴したから少しは楽かなぁー、と思ってたけど変わらず。
病院から帰宅したあとまた下痢。体重も少しずつ落ちて8キロ切れそう。2週間前は9.2キロもあったのに。ちょっと太り気味だったけどさ。
先生も通院が大変だと思ったのか点滴をまた用意してくれた。


今日は朝も夜も自宅で点滴です。明日はようやく大学病院で検査です。長かったー!
予約から10日間もたってだいぶ状況は厳しくなってるけど、なんとか痛みを抑えて食欲を戻してほしい。

IMG_1869.jpg
明日頑張ります。

| ペット | 11:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バレン日記。その2。

(前回同様記録として書きます。興味のない方スルーしてください。
あと、もしかしたら同じように愛犬が闘病生活をしていて色々検索するうちに偶然この記事を読む人がいたら一緒に頑張れるように。)


点滴6日目に先生から「少し食べるなら点滴も一日おきでもいいですよ。」と言われたので次の日は様子を見つつ自宅にいました。

相変わらず寝るバレン。昼過ぎても動かず。床ずれ防止に寝返りをうたせる。やっと本日1回目のオシッコをする。
また震えが始まる。もちろん何も食べないし水も飲まない。夜になったら少し食欲出るかなーと思ったけどダメ。
愛情給餌をしている時も目が虚ろ。うまく呑み込めないのか、やり方が悪いのか流動食が鼻からちょろっと出てきてしまう・・。

ネットで症状を検索すればするほど危険な状態だと確信する。
覚悟しなきゃいけないのかな。泣くのを我慢していても涙が止まらずティッシュ1箱使いきる。
わかってます、一番つらいのはバレン本人。
私がしっかりしないと。検査結果次第で今後どうするかも色々考えなくちゃいけない。入院や手術。手術は到底無理だけど自宅療養や通院でどれだけできるのか。もちろん金銭的なことも。点滴するたび5,000円近くかかります。
相方が仕事でいないときは往復タクシーになるので交通費も。


今朝病院が開いてすぐに点滴をしてもらう。
飲ませても鼻から出ることを伝えると誤嚥して肺炎になったら困るので無理に飲ませないほうがよいとのこ。
でも何も食べないからほっとけないじゃんかよー。うー。

熱を計るとかなり低い。フリースをかけてペットボトルにお湯を入れた簡易湯たんぽで温める。
痛み止めも投与してもらってるけど、少しでも体が楽になりますように。

P2150008.jpg
今年2月のバレン。


| ペット | 12:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バレン日記。


またもや体調が悪いバレンです。

(自分自身が見返すための記録として書かせてもらいます。)
この半年ほどは特に食欲も落ちず穏やかに過ごしていました。
雪が解けあたたかくなってからは特に調子が良さそうでした。
それでも筋力や視力、聴力はどうしても衰え歩くスピードもゆっっっくりになりました。
目の前におやつがあっても見えなくて探していました。
足を上げてオシッコもできなくなり、じゅうたんの段差につまずくこともありました。
でも体重は減ることなく(動かず食べるから。飼い主と一緒。)お薬もごはんと一緒にきちんと飲んでいました。

先週始め、元気はあるけどなんだか様子がへん。落ち着きがない。おしっこしてもソワソワしてる。
あ、また膀胱炎だな。
「ま、様子をみてみよう」
これが命取りになることは良く知っています。
トリマー時代、一緒に働いていた病院スタッフによく言われました。
人間の4倍のスピードで生きてるんだから、1日様子をみたら4日ほったらかしにしているの一緒。
病院で診てもらってなんともなければそれに越したことはありません。

腎不全もあるので療法食を食べています。
負担を減らすため水分を取らなきゃいけないのでごはんに水を入れ「水ぶっかけ飯」にしています。(獣医さん推奨)
それでも膀胱炎になってしまったバレンさん。
飼い主の責任です。ごめんよ、わが息子。


すぐに点滴をしてもらい抗生物質を処方していただく。
いつもならすぐに落ち着くのに今回は日に日に元気がなくなる。
食欲もなくなる。
血液検査をしたところ肝臓の数値がありえないほどの高さ。左が結果。右が標準値。
P6020008.jpg
AST,ALT,ALPが尋常じゃない。ビリルビンも高い。オシッコが黄色いのもこれのせい。黄疸は出ていないけどかなりヤバイ状態です。
点滴に通常の3倍量の肝臓のお薬も流してもらう。
熱を計ると低い。震えが止まらないのは痛みなのか、悪寒のせいなのか。
エコーで調べると胆のうに白い影が・・。肝臓、腎臓は大丈夫そう。もしかしたら胆のうに腫瘍があるかもしれないので精密検査をするため大学病院に行くことに。
もちろん食欲も一切出なくて丸三日飲まず食わずでした。点滴で脱水にはなりませんが、食べれないので力も出ないかんじ。
ぐったりと一日中寝るバレンさん。
大学病院は完全予約なので問い合わせたところ1週間以上待たされるとの事。ぬおーー、それまでに急変したらどうすんじゃい!



「先生、何も食べないんですけど」
「体が大きいから数日食べなくてもそんなに心配しなくて大丈夫。」
えぇーー、デカシーズーなこと気にしてるのにぃ。
「食べないなら強制給餌です。」
ええぇーーー!一番私が苦手とするやつーー!!

気持ち悪くて食べれないのに口にシリンジを(針のない注射器)突っ込んでまずい流動食を飲ませるほど嫌な作業はありません。
しかし生きるためにはやらなきゃいけない。家族の中で私しかできなし。つまり嫌われ役です。
嫌われても生きてほしいからやります。すっごい嫌われるけど。
しかし数回飲ませていたらよっぽど嫌なのかガタガタ震え始めた・・。
私のハートも折れそうです。ちょっと休憩。やり方が下手なのかしら。ググって動画も見たんですけどね・・。


点滴4日目。相変わらず寝たきり生活。立ち上がる力もないのか、とうとうおもらしをしてしまう。
なんか臭いなー、と思いながら同じ布団で寝てました。
慌ててホーマックへ介護オムツを買いに行く。小~中型サイズで大丈夫か不安だったけど買ってみる。
ぜんぜん腰にまわらん。甘く見てたぜ。バレンは中型犬サイズのLが必要でした。

次の日も寝たきり。
少し前に奮発して楽天で購入していたブレスエアーマットなるものが届いた。介護マットにもなるらしい。
肉も落ちてきたせいかちょっと床ずれができてしまったのでこのマットに期待。
この日も強制給餌。
ネットで「強制」という言葉ではなく「愛情給餌」と言ってる人が結構いたので私もそう言わせてもらいます。
だって愛情がないとできないもん。ホントはやりたくないけど。
愛情給餌が終わってしばらくした後、なんだか顔つきが良くなったような・・。
その時食べていたマグロの刺身の匂いをかがせる。
するとどうでしょう!もそもそと食べたじゃありませんか!!
あぁ、私の愛情が伝わったのか。はたまた「あんなマズイもん飲まされるならマグロ食うわ~」とあきらめたのでしょうか。
どっちだっていい、どっちでも構わない。食べてくれるのが嬉しい。マグロ2切れと白身1切れ食べた。


点滴5日目。
昼間は寝たきり。愛情給餌も行う。
夜に海苔巻きを食べていたらこっちを見たので試しに卵をあげてみる。
食べる。卵が食べたいのかとゆで卵をあげたら断固拒否された。気難しいやつ・・。
バレンのために買っておいたマグロをあげると食べる。前日より食欲アップ!5日ぶりに自分で水も飲んだ!!


そして今日。
朝はなんとか自分で起き上がろうとしてトイレでオシッコ。
点滴をして帰宅後はひたすら寝る。また寝たままおもらししてた。
愛情給餌をして1時間後に顔つきが良くなる。昨日残ったマグロは食べず、今日買ってきたマグロを食べる。
昨日のは私が食べました・・。作っておいた塩抜き卵焼きも食べる。水も飲む。


今は隣で寝ています。
明日は少しでも楽になっているといいなぁ。

| ペット | 23:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。