FC2ブログ

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

これがアラフォーの衰えってやつなのか。

お盆も終わり大雪山ではもう雪が降ったとか。
あれ?私の夏の思い出は・・?

はい、入院してましたーー。

ご丁寧に41歳2か月まで書いてくれてますね。

ひとりで4人部屋は静かでしたがなんだかさみしいですね。
今は退院して通院をしております。

何があったかというと、ある日の朝からめまいと立ちくらみが始まり右目の一部が曇って見えたのです。

「ケータイばっか見すぎて疲れ目かなぁ。」とあんまり気にせず過ごしておりました。
1週間ほどそんな毎日だったのですが、就寝中の夜中にいきなりバットで頭をぶん殴られたような痛みが!!
あまりの痛さに声も出せない助けも呼べない。
携帯で救急車も呼べない。とにかく尋常じゃない痛みが10分ほど続きました。
「これはくも膜下出血の前兆では?あぁ、私このまま死ぬんだ。くそー、今月ライブあるのに無念だ。」
なんて考えながらもがき苦しむ。
少し痛みが和らぎちょっと動けるようになったのでフラフラしながら鎮痛剤を飲む。

今思えばこの時に救急病院へ行くべきでした。
薬を飲んで20分ほどすると効いてきたのかそのまままた眠ってしまいました。

翌朝はめまいはするけどいたって元気。
だけどあんな症状は初めてだったので心配になり脳神経外科へ。

MRIとレントゲンは異常なし。
ちゃんと脳ミソ入ってました。
先生から脳は大丈夫だからすぐ眼科に行きなさいと言われ、その日の午後に近所の眼科へ。

検査をすると眼圧が高く緑内障に似た症状が出ていました。
だからあんなに頭痛くなったのねー。
めまいがした時点で早く病院に行くべきでした。アラフォーを侮ってはいけませんね。

先生曰く「緑内障ではないと思うからとりあえず目薬続けてみましょう。」と言われそれから数回通院していたのですが・・。

8月4日の午前9時。
いつもの院長(2代目でまだ若い)ではないベテラン先生に診てもらうことに。
視野検査をさせられる。
その結果、右目の一部(鼻側っていうの?内側)が見えていないことが発覚!!
普段は両目で見ているので気づかないけれど、視神経がやられて見えなくなっていた。
「これ緑内障だよ。」
え?マジっすか?
「網膜が炎症起こしてるし大学病院か他の大きい病院で診てもらわないとダメだわ。紹介状書くからすぐ行っておいで。」

おい!2代目院長ーー!危うく手遅れになるところだったじゃんかよーー!!

そして紹介状を持ちタクシーで市立病院へ。
予約優先なのでとにかく待たされた・・。
そしてありとあらゆる検査。
採血では7本も血を抜かれる。
造影剤を点滴しながらの撮影。
とどめに目ん玉に針を刺して眼球の水分を吸うという説明を聞くだけでも鳥肌モンも検査。
これはヘルペスウイルスかもしれないのでその検査。
瞳孔も開いて麻酔もしているので痛くはないけど、目をずっと開けさせられているのが辛かった・・・。
針が刺さってるときは「あー、なんか目を押されてる感じだなー。目が乾くから早く終われー。」と心でつぶやく。
先生と看護師さんの会話「目盛り見ててねー。出てきたー?」「空気しか出てきませーん」「もうちょっと吸いまーす」
つ、辛い・・!早く出てくれ、私の目ん玉の水分!!

結局しんどくて一時休憩。
麻酔の点眼を再度入れてやり直し。
また針が刺さる・・。うぅっ、もう二度とやりたくない。

全ての検査が終わったのが夕方5時。
気づけば待合室には誰もおらん。
そして先生から「入院したほうがいいですね。」ガビーン、ショック。
結果はすぐに出ないし急性緑内障だといきなり失明する可能性もあるとのこと。

ひとまず入院の準備をするために帰ることに。
失明するかも、という先生の言葉にショックはもちろんありましたがしばらく酒も飲めず家に帰れないということのほうが悲しくて・・。
猫たちも心配。

心配した相方が迎えに来てくれていたので最後の晩餐は途中で立ち寄ったはま寿司でした。
大好きなお寿司もおまり喉が通らず、ビールでも飲んでやろうかと思ったけどやめておきました。


荷物を取りまた病院へ。
1日目は疲れ果ててすぐに寝てしまいました。

結局急性ではなかったので4日間の入院で済みました。
たった4日間だったけど体は元気なので退屈で退屈で・・。
しかも食事が残念なおかずだし。


IMG_0897.jpg

IMG_0898.jpg
炒り卵と見せかけて木綿豆腐。はんぺんの酢の物という初めて食すおかず。
てかごはんのおかずにならないよう。
動かないからお腹も空かない。
普段あまり米を食べないのに3食ごはんはキツイ・・。
結局ほとんど食べれなかった。
朝7時に院内のファミマが開くので毎朝通いました。ありがとうファミマ、助かったよ。



IMG_0899.jpg
それにしても長く入院してる患者さんって大変でしょうね。
精神的に参ってしまうなー。


あまりに退屈で病院を抜け出し向かいのイオンへ散歩。
気分転換は大事ですよね、ストレスが一番よくない。

IMG_0900.jpg
病院へ戻るときに思わず駅ビルの飲み屋を通ってしまった。
ストレス、溜まってきたな――(呑めないというストレスが)。




退院して10日ほどたちますがリハビリがてら?飲んでます。ほどほどに。
一昨日は網膜に穴が空いてるのでレーザー手術もしてきましたが、目の調子はイマイチです。
あーあ、目も痛いけど病院代で財布もかなり痛いよ~。

結核の血液検査や猫がいるから寄生虫の検査までしたけど結局検査の結果はすべて陰性。
レントゲンや心電図もとったけど異常なし。
原因不明でも私のように目の病気になる場合があります。
少しでもおかしいと感じたらすぐに病院へ行かないとあとあと大変なんだと改めて思いました。
緑内障は治らない病気だし進行を遅らせる治療しかないそうです。
あぁ、ホントにもう若くないんだと実感・・。


ちなみに退院してきてもちょんことちびの態度はそっけなかったです。
なんだよなー。


スポンサーサイト

| 独り言 | 16:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |